極私的切手忘備録

破れた切手は使えるのか
お葬式に使える喪中の切手
印刷ミスがある切手の価値っていったい
意外と知らなかった記念切手の人気を探る
イベント切手の魅力を語りつくそう
不要な切手を集めてボランティア団体へ
なんとオリジナル切手を作ることが出来るサービスがありました
コレクションとしての切手台帳があるなら
支払方法としての切手ってどんなものがるのでしょう
せっかくなんで切手を見やすく整理しませんか

破れた切手は使えるのか

切手が破れてしまったら郵送できるのか気になるところですが、場合によっては使えることもあるようです。しかし、切手は基本的に汚れていたり破れてしまっているものは、一切使用不可です。破れた切手同士を貼り合わせて新しく見せかけたりするのを防ぐという理由です。汚れてしまったものも同じく、消印のあとをごまかそうとするのを防ぐためです。 ごく稀ですが、少し欠けていたり汚れていたりしている程度のものなら、窓口で郵便を差し出す場合に限り見逃してくれる場合もありますが、あくまでも窓口担当者の善意です。基本的には、認められない覚悟をしておいた方がいいでしょう。 ただし、破損していても切手を郵便局に持参して交換してもらうことも可能なので、持参して窓口担当者の方に聞いてみるのも一つの方法です。郵便局では「そこに切手が貼付されていた形跡、痕跡がある場合は正当な代金分の切手が貼付されていたものとみなす」というルールがあるので、少しの破損、汚損であれば扱ってくれる場合もあるでしょう。 そんな中、どんな切手でも買い取ってくれる切手買取の優良店は福ちゃんだけです。